リンク
アクセス
お問合せ
企業概要
会社方針
トップページ

LumiLor
ルミロール
各種ブランド(アパレル)
中古車・バイク
ニュース
トップページ > ニュース
2017年8月30日

XR650Rオイル交換

8月も、もう終わりだというのに、まだまだ暑い日が続きますね・・・

本日は在庫車のXR650Rのオイル交換を行いました!


早速作業開始!

アンダーガードが付いていて一見面倒くさそうに見えますが、いたって簡単です!

XR650Rはドライサンプ方式を採用している為フレームがオイルタンクになっています。

まず、エンジンを掛け暖気します。

その後、フレーム内のオイルを下の〇のボルト(12mm)を緩め抜きます。


思っているより勢いよくオイルが飛び出すのでトレーは気持ち前目に設置すると

オイルまみれにならなくて済みます♪

大体オイルが出きったら、車体左側のドレンボルト(12mm)を緩めここからもオイルを抜き取ります!


この時このままボルトを抜いてしまうとフレームがオイルまみれになってしまうので、

段ボールなどでガイドを作ってあげると汚さずに済みます!




それにしても、オイル真っ黒ですね・・・・

ここでもオイルが有る程度出きったら、いったんここのボルトを軽く締め、

キルスイッチを切って何回かキックします!


その後、再度ボルトを緩めることで、よりオイルを完全に抜き取ることが出来ます!

オイルを抜き終わったらボルトを締めてしまいます!(締め忘れ防止)

今回チョイスしたオイルはこちら!

WAKOS RACING SPEC TRIPLE R 15W-50


レーサーなので固めにしてみました!

フレーム上部からオイルを流し込む訳ですが、口が小さく、さらに狭い!

とても入れずらいので、漏斗を使います。


今回はオイルフィルターは交換しないので1.56Lを入れます。

ここで、注意なのが、ウエットサンプ式の場合規定量を一気に入れレベルを見て終了なのですが

ドライサンプの場合、一気に入れるとドバアアっとオイルを盛大にぶちまけてしまいます。

なので、まず1L入れて、その後キルスイッチを切り何回かクランキングさせオイルを回してから

残りのオイルを入れます。

オイルを入れ終わったらエンジンを始動させます。

車体を起こし1分間アイドリングさせた後レベルを見て規定量なら完了です!



走行すると変化する場合があるので一度軽く乗ってからサイドレベルを確認することをお勧めします!

オイル交換後びっくりするほどレスポンスが良くなりました♪

因みに、XR250(MD30)も同じ手順でオイル交換が可能です!

アクセスカウンター

ニュース

FLSTF 1584ブレーキパッド交換
XR650Rプラグ交換交換
XR650Rエンジンオイル交換
VFR400Rエンジンオイル交換
BRABUS D6S WIDESTAR エンジンオイル交換
YAMAHA TRICKER(トリッカー)入庫!
TRIUMPH TR6R Tiger 650 1971 オイル交換
伊勢丹プレミアムフライデーでXLV...
古物営業法に基づく表示